多言語のさんぽ道

現在、主に仏・中・英を勉強。日々の外国語学習に加えて、読書ログや日記を書いています。

そんなこたないす

そういう題名だった。これは短編小説の話。

とある人はほぼ完全に『そんなこたないす』としか言わない。しかしそれだけで問題が解決する。

ブラックユーモアというか、パズルのピースがはまったような、珍妙な、しかしどこか美しいような物語であった。

ーーー

みにくいアヒルの子、も読む。こんなに繊細で、美しく報われる物語だったかと思う。辛い経験をした大人こそ読むとジンとする。

かなしさと美しさは時に同居することがあるようだ。