多言語のさんぽ道

現在、主に仏・中・英を勉強。日々の外国語学習に加えて、読書ログや日記を書いています。

再び、阿蘇。

今日は思いつきでドライブへ。

お弁当を持って久木野の道の駅まで。

途中、ドライブ道の両側にそびえ立つ山々は何色かに色づき、渓谷といってよいような眺めの良いところを通った。それを観ながら、この景色のためだけにでも来た甲斐があったよね、と言いあう。

 

駐車場は満杯で次を待つ車の列ができていた。

道の駅の裏手に広い芝生の広場があり、幾つもの白いテントがお祭りの様相で並んでいた。中には何故か携帯販売もしていたのが不思議。県の防災訓練も兼ねていたらしい。消防士さんと思われる方々が大勢来ており、消防車もあった。道の駅で防災訓練とは初体験だった。

大きめのドッグランもあり、犬や子どものにぎやかな声の中、芝生でお弁当を食べる。ときたまサイレンが鳴ったり、スピーカーで子どもが警官や防災訓練の真似事をしたりしていた。

正直、寛ぎに来ているのだから…というところはあった。。

近くのテラスでは猿回しをやっており、調教師のおじさんに優しく声をかけられながら、あどけない顔をした猿が竹馬に乗っていた。つい自然と拍手と笑みがこぼれてしまった。あぁ、動物は可愛い!!

売店を見た後、せっかくなのでソフトクリームを食べる。ミルクが濃厚で美味しい。空気は澄んで、目の前に広がる阿蘇の大きな山がきれいだった。

道の駅は前回訪れた阿蘇、よりも阿蘇久木野の方が広くて寛ぐにはぴったり。

自宅を出発してから、帰宅するまで約3時間のスピードレジャーだったが、とても充実の休日であった。